在留資格取得許可申請とは

 外国人として日本で出生した場合や日本国籍を離脱した場合は、「在留資格なし」で出生した日又は日本国籍離脱した日より日本に60日間は滞在することができます。60日間を超えて日本に引き続き滞在する場合は、出生した日又は日本国籍離脱した日より30日以内に在留資格取得許可申請の手続きを行います。

提出書類

出生による資格取得の場合
  1. 在留資格取得許可申請書
  2. パスポート
  3. 扶養者のパスポート又は在留カード
  4. 出生証明書又は出生届受理証明書
  5. 扶養者の身元保証書
  6. 質問書

※上記は提出書類の一部です。個別状況により他の書類に提出も求められます。

※許可が成されれば手数料4,000円の収入印紙

経験豊富な専門家が丁寧にご説明させていただきます。

出生した場合の手続きの流れ

出生して14日以内に市町村の役場へ出生の届出をします。
子供(父親又は母親)の国籍の属する国の駐日大使館又は領事館において 出生届の手続きを行い、旅券を発行してもらいます。
出生して30日以内に在留資格取得の申請を行います。 在留カードの裏側に住所が記載されます。

06-6948-6396 電話相談無料!!

↑スマホの方は番号をクリック!

入管手続・在留資格・帰化をお考えの方無料でご質問にお答えします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ